コムロコンサルティンググループ
‐ Komuro Consulting Group ‐


  • 起業は『思った(考えた)通り』になるのではなく,『やった(行動した)通り』になるのである.
  • 起業は『勢い』と『タイミング』がとても重要で,立ち止まると好機を逃す可能性が極めて高い.
  • 起業は『失敗したら』ではなく『成功したら』を考えて実践すべきものである.
  • 起業は『内的環境』よりも『外的環境』を優先して機を逃さずするべきである.
  • 起業は自らの『ワークライフインテグレーション』を主体的に実施することが可能である.
  • 起業は過度に慎重になり過ぎず『行動(考動)してみること』が一番大事である.
  • 起業は『経営(ヒト・モノ・カネ・情報)のバランス』が極めて重要となる.
  • 起業は失敗したところでやめるから失敗になるが『成功するまで続けたら結果的に成功』になる.
  • 起業は基本的に『ハイリスク・ハイリターン若しくはローリスク・ローリターン』で考えるべきである.
  • 起業は一般的に『成功確率が51%以上』ではじめないと単なるギャンブルになる可能性がある.
  • 起業は運命では無く自身の『選択』なので何が起きても全ては自己責任であると肝に銘じておく.
  • 起業は『一生やっても良いと思える楽しいこと』を自分自身で見つけ継続することが重要である.
  • 起業は『結果ではなく過程で満足するもの』であると知っている人は最終的に結果もついてくる.
  • 起業は長く続かないと考える人の方が『その時・瞬間を必死に頑張る』ので成功確率が上がる.
  • 起業は『どの領域でどのように勝負するか』を決めてからが本当のスタートである.
  • 起業は責任を伴うが,その責任を含めやりがいを持つビジネスに巡り逢えたら『天職』である.
  • 起業は『修羅の世界への入り口』である.弱肉強食のサバンナで必死に生き抜いていくしかない.
  • 起業や投資は『選択肢・生存戦略の一つ』である.やる/やらないは個人の自由なので,全否定して選択肢を奪うのは極めて罪深い.なぜなら,お金がないと追い込まれ人が死ぬことがある.
  • 起業には困難に見えることが沢山あるが,その大半は『簡単な要素の積み重ね』で解決できる.
  • 起業が可能な『タイミング』は人生のなかでも案外短い期間である.
  • 起業がうまくいくためには努力ではなく『工夫』が重要である.安易な努力に逃げてはいけない.
  • 起業家は『15歳で志学・30歳で而立・40歳で不惑・50歳で知命・60歳で耳順・70歳で従心』を志す.
  • 起業家は『夢』を持て.夢を持っている起業家は活き活きして輝くことができ成功に近づける.
  • 起業家は『絶対』若しくは『100%』ということは無いことを肝に銘じておく必要がある.
  • 起業家は『当意即妙な経営判断』が常に求められていることを十分に意識しておく.
  • 起業家は自身がおこなう領域を『選択と集中』し,全てを自己完結で終わらせようとしない.
  • 起業家は『自身の能力の合計が100』であることを理解し,どこにどれだけ振り分けるかを考える.
  • 起業家は『最後まで自分を信じれるのは自分だけ』という断固たる決意が重要である.
  • 起業家は『決して諦めずやればできるという強い信念』を持っていることが大事である.
  • 起業家は『チャレンジ精神やフロンティアスピリッツ』を持っていることが大事な要素となる.
  • 起業家は『自身の“分”にあった成果・幸せを探求する』ことを理解しておく.
  • 起業家は『ミクロ・短期を見てマクロ・長期も見る』という視点を常に持っておく必要がある.
  • 起業家は『MECE(:Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)』が思考上重要となる.
  • 起業家は『コミュニケーション=心×行動×言葉』が極めて重要となる.
  • 起業家は『経営のプロフェッショナル』であることがとても重要となる.
  • 起業家は周りに対して『ソフトタッチとハードタッチ』ができることが大事である.
  • 起業家は『○○貢献』という永遠に枯れることの無いバイタリティの源泉があると疲れを感じない.
  • 起業家は如何なる状況に陥っても決して『他者若しくは外部要因のせい』にしてはいけない.
  • 起業家はうまくいかない時に自己を過度に正当化せず『自己評価よりも他己評価』を重視する.
  • 起業家は責任感では無く『使命感』を大事にすることでどんな苦境も乗り越えていくことができる.
  • 起業家は『誇り高きプライド』を持っていると如何なる困難にも負けず臆することなく前進できる.
  • 起業家は超一流になるとカリスマを『個』だけではなく『組織』に付けることが可能となる.
  • 起業家は最も困難と言われる『義』と『利』の両立を目指し実践することが重要である.
  • 起業家は前任者の真似をするのではなく『超えていくこと』こそが真の起業家像である.
  • 起業家は『高い志』と『明確なビジョン』を持つことで仕事に『執念』が生まれ成功に近づいていく.
  • 起業家は『グローバリゼーション』と『デジタリゼーション』の視点が重要となってくる.
  • 起業家は状況に応じてしがらみのない『鬼となり仏となる』ことが重要となってくる.
  • 起業家は『繰り返しこそが唯一成功に近づける第一歩』であるという心掛けが重要である.
  • 起業家は『自身の目で見て自身の心で感じる』ことが真理を探究する上でとても大事である.
  • 起業家は『うまい頼り方』を知っている人の方が効率的にはやく成功し易い.
  • 起業家はディベートにおいて『論破よりも納得感』を与える方が仲間を増やすことができる.
  • 起業家は『未来を恐れず過去に拘らず今を邁進する』姿勢がとても大事である.
  • 起業家は他人の評価を一定以上気にせず『確固たる決意を持ち行動すること』が重要である.
  • 起業家は『一隅を照らす此れ即ち国宝なり』の精神を持ち自分の仕事を愛することが大事である.
  • 起業家は『1.志 2.起業内容 3.覚悟』の3要素が極めて重要である.
  • 起業家は口に出して+(プラス)のことを言い続けることで『叶』に近づいていく.
  • 起業家は『長所を伸ばすと短所を直す』の二択の時には,前者を選択した方が成功確率が高い.
  • 起業家は応援してくれる信者を増やすと良い.なぜなら,『信者』と書いて『儲』かると読める.
  • 起業家は最初に安易で楽な道を選んだ者は後に『永遠に苦労し続ける人生』を送ることになる.
  • 起業家は落ち込んだり悩んだりした経験がある程,『広く深い経営』ができるようになる.
  • 起業家は『目指す方向』さえ間違っていなければどんなにゆっくりでも何れ目的地にたどり着く.
  • 起業家は馬鹿にされても最後まで言い返さずエナジーに変え『行動に徹した者』が成功者になる.
  • 起業家は『自分』がどういう人間なのか他人に説明できる人の方が成功確率が高い.
  • 起業家はこれがしたいよりも『これしかない』と思っている人の方がうまくいく.
  • 起業家はうまくいかない時に『能力と努力』のどちらが足りないか正確に見極める必要がある.
  • 起業家は周りに話を聞いてもらったり意見を通したりするために『誰よりも強く優秀』になる.
  • 起業家は『世間が絶対にできないと言うことをやってのける』と凄く大きな喜びを感じる.
  • 起業家は自分自身が最大の財産なので『自己投資』をすると良い.
  • 起業家は『努力を認めて欲しいと思うと失敗』する.報われようと頑張ってどうなるかではない.
  • 起業家は楽しい道よりも苦しい道,楽な道よりも辛い道を選べば真の『人間力』が醸成される.
  • 起業家は『近道やショートカット』をすると後で必ずしっぺ返しがくる.
  • 起業家は『プライドやルーティンを捨てる』と自己否定に繋がり自我が崩壊することがある.
  • 起業家は膨大な情報を正しく取捨選択することで『未来を知れ圧倒的優位に立つ』ことができる.
  • 起業家は『全責任を負い命をかけている』という点において一番真剣で真面目に生きている.
  • 起業家は『辛いことを我慢』して報われるほど起業・独立・開業は甘くない.
  • 起業家は『本気で純粋に生きている人』であれば苦しい時に必ず誰かが手を差し伸べてくれる.
  • 起業家は意思決定を自由にできることから間違いを言うことはあるけど『ウソをつく必要が無い』.
  • 起業家は成否の要因が経営や経済や人などへの『理解度』や『原則』で決まることを念頭に置く.
  • 起業家はコンペティターが『一歩下がったら二歩前に出る姿勢』が思考・行動両面で大事である.
  • 起業家は『自分がダメだと思ったその時点からビジネスがダメ』になる.
  • 起業家は目先の幸せや欲を捨てることで『真の幸せを得る』.
  • 起業家は『Give and Take』が重要である.受けた恩はそれ以上で恩返すると仲間が増える.
  • 起業家は『耳順(人の言うことを真摯に逆らわないで聴く姿勢)』であることが大事である.
  • 起業家は,『困っている人は助け・悩んでいる人は相談に乗り・泣いている人には寄り添う』.
  • 起業家は『最初に笑われ最後に笑おう』.
  • 起業家は『事実』から逃げず,『感情』を持ちこまず,『主価値や付加価値』の創出し続ける.
  • 起業家は頭が良い人よりも行動力と度胸がある人『(ひとかけらの勇気がある人)』が成功する.
  • 起業家(Entrepreneur:アントレプレナー)はビジネスに成功することで自分の好きな仕事ができる場合がある.時としては,好きな仕事よりも成功するビジネスを優先しておこなう必要がある.
  • 起業家には『自信が勇気を与え不安が努力を与える』ので両面の適なバランスが大事である.
  • 起業家に対する批判や非難はその道を通った人だからこそ『言う権利や正当性』がある.
  • 起業家生命が終わる時は,お金が尽きる時ではなく『心が折れる時』である.
  • 起業家の成功率は『実力・運・性格・お金・コネ・ビジュアル』の六大要素が大きな影響を与える.
  • 起業開始時,仮に資金が乏しくても『お金が無い分頭を使う』というスタンスで成功できる.
  • 起業開始時,『資金の多さとビジネスの成功確率は比例するものではない』と考えて良い.
  • 起業時に本当の本物の努力をしている人は『迷いなんて何一つ起こることは無い』と言える.
  • 起業後,『どんなに辛くて苦しくてもビジネスは最後まで絶対に諦めてはいけない』と認識しておく.
  • 起業力は,『起業力=経営力×行動力×健康力×精神力』と表現することが可能である.
  • 良識は人と争わないことではなく自分の責任を全身全霊を傾けて全うすることである.起業家の良識は誰にどのような評価をされてもやらなければならないことをきちっとやりきることである.
  • 全ての問題解決・課題達成を一気にできる『ミラクルレシピは存在しない』ことを自覚しておく.
  • 『自分の未来を自身で切り開く勇気と行動力』があれば,経験・スキルの不足は時間が解決する.
  • 経営の良し悪しは,古いか新しいかではなく『成功するか失敗するか』によって判断される.
  • ビジネスは経営者が創業時に立案した計画の『答え合わせ』の過程と考えることができる.
  • 経営者である前に『人』であれ,起業家である前に『人』であれ.
  • 『若さ』こそ起業における最大の成功原動力である.
  • いつかやろうと『起業という楽しみ』を先延ばしにしたまま亡くなっていく人は案外多い.
  • 行動の動機は意志と強制があるが,ビジョンを持ち『自身の意志』でする起業は成功率が高い.
  • 上客は『常に最高』を求めてくる.諦めるより夢を見る方が性にあっている起業家は成功する.